小林市立病院 第16回症例検討会

 

 

皆さんこんにちは。

寒い日の朝は、頭から湯気が出ます。あどみんです。

 

昨日の夜は、小林市立病院にて、第16回症例検討会が行われました。

そして、あどみん、発表してまいりました。
DSCN1842PowerPointのスライドには、ちゃんと当院のロゴを入れました。

 

そして、お忙しい中、院長先生にも見に来ていただけました。

人前に立つと緊張しますが、先生の顔を見てちょっと気がほぐれました。

 

1年ちょっと前にも、同症例検討会にて症例報告をさせて頂きました。

その時は、遷延性意識障害の患者様に対する直接訓練を取り上げました。

今回は、高次脳機能障害を経験した症例への心理的アプローチを取り上げました。

 

同症例検討会は、リハ・スタッフだけではなく、メディカル全体が自由に参加・発表できるものです。

実際、昨日の発表では、Dr.を始め、Nrs.や薬局薬剤師、PTなど、様々な専門領域の方が発表されました。

病期では、救急救命医療などの超急性期から、在宅での薬剤管理と言った生活期。

内容では、がん患者への外来化学療法の治療日記、PSA(前立腺特異抗原)高値例を中心とした泌尿器科Dr.の診察プロトコル、薬剤師による居宅療養管理指導での試行錯誤などなど。

 

この症例検討会に参加する度に感じるのですが、「医療」と一言に表現しても、本当に各専門領域ではその奥深さが異なります。

あどみんは、池田病院で働かせてもらっています。

患者様への治療にあたっては、悩むことも多いですし、他の方々に支えられないと、できないことばかりです。

「病院で働く」ということが、全然分かっていなかった1年目の自分を思い出します。

 

 

今回、わかったこと。

DSCN1847

質疑応答の時のあどみん、顔コワイ。。。

 

院内研修 排泄ケアについて

小林市は最近、夜には10度を下回っているらしいですよ。あどみんです。

なんだか、本当にあっという間に冬が来てしまって、秋らしいことが今年はあまりできませんでした。

うちの3姉妹にちょっと悪かったかな、と反省している次第です。

 

さて、昨日は池田病院では、院内研修会が行われました。

テーマは「排泄ケア」について。

排泄ケアは、人が生まれてから死ぬまでの間、ずっと関わることがらです。

口腔ケアにも、同様のことが言えますが、排泄ケアには「衛生管理」「プライバシー」などの側面からも、口腔ケアよりももっとセンシティブな内容です。

「人の尊厳」とか、そんなコトバが聞こえてきます。

IMG-20141119-00827

今回は、各階病棟看護師が、排泄ケアの概要・排泄そのものの機能について説明を行いました。

IMG-20141119-00829

 

そして、千のトイレプロジェクトで有名な王子ネピア株式会社様より、ご協力をいただき、介護用おむつ・パッドの正しい使い方をレクチャーして頂きました。

IMG-20141119-00830

 

おむつの使い方。奥深いですね。

製品として独立して存在している以上、やはり製品開発努力というのがあるわけで。

今回のレクチャーを受けて、もっとまじめにおむつについて考えようと認識を改めました。

快適おむつの3原則

  1. スポット吸収
  2. 立体ギャザー
  3. クロス留め

12月中にも同内容にて研修会が計画されています。

今回、都合にて参加できなかったスタッフのみなさんも、ぜひ参加してください。