妻のVO2 max(予測値)が30を下回る

このところ、献血バスが来ない来ないと嘆いておりましたが、先日やっと来ました。

実に3ヶ月ぶりの献血で、ちょっと身が軽くなったあどみんです。

さて皆さん。VO2 Maxをご存知ですか?ウェアラブル端末と健康志向の高まりから、その予測値が手軽に測れる世の中になりました。

VO2 Maxについて詳しくは、以下を参照ください。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/最大酸素摂取量

妻がCOPDと診断を受けてから、Garminを贈ってしばらく経ちました。Garminアプリを見せてもらったら、VO2 Maxは30を下回っていました。

ちょっと衝撃を受けました。

標準化データにもよりますが、表現としては「70歳の女性の中ではやや優れた方」と言えます。

在宅酸素が不要とはいえ、これ程とは思っていなかったので。

献血バスがなかなか来ません。

この間、台風が来てからはずっと天気が悪いですね。ちまたで噂の線状降水帯の影響でしょうか。

さて、前回献血ができたのは確か3月頃だったと思うのです。

あっという間に5ヶ月が経っています。
8月14日に「献血バスが来る」という知らせを受けて楽しみにしていたのですが、当日になって中止になってしまいました。

大雨が原因です。

今度小林に来るのは、8/24か8/26です。
8月も献血は難しそうです。

献血バス運行スケジュール(宮崎県赤十字血液センター ウェブサイト)

コロナ禍の影響が始まってからというもの、400mL献血状況はほとんど常に「困っています」が続いています。

十分な医療提供のためにも献血は重要です。

宮崎県ワクチン接種率全国1位らしいです。

新型コロナウイルスの話題が新聞、ニュースで取り上げられるようになり、だいぶ経過しました。
先日、新聞の見出しで新型コロナウイルスのワクチン接種率で、宮崎県が全国1位であったとのことを知りました。

しばらく経っているので、もしかする今は違うのかも知れませんが……。

宮崎県の県民性は、PRESIDENT Onlineでは次のようにまとめられていました。

真面目で柔和。金にも汚くないし、義理人情にも厚い人が多い宮崎の顧客。現状の取引を維持するだけなら、こんなに付き合いやすい顧客はない。しかし善人すぎるし、大ざっぱな性格なので商売はヘタ。その気になるまで時間がかかるので、こちらがイニシアティブを取って、じっくり攻めることが重要。また、「よだきい」の性分なので、過度に期待していると、何も決めていなくてがっかりすることもあるので、注意が必要。

確かに、「その気になるまで時間がかかる」というのは図星のような気もします。
地域包括ケアシステムが動き始めた頃も、各市町村単位でのケア会議実施率がなかなか上がりにくい様子もありました。

しかし、一旦動きの波に乗ると普及、浸透率が高いのかも知れません。「その気になってしまえば」接種率全国1位になれちゃうぐらい行動できちゃう。

きっとスロースターター、宮崎県人。

脳卒中治療ガイドライン2021

脳卒中治療ガイドラインが更新されるそうです。

https://www.jsts.gr.jp/stroke_guidelines/index.html

一般社団法人 日本脳卒中学会からは、様々なガイドライン・各種指針・手引きや評価スケールなどが紹介されています。

あどみんは、言語聴覚士ですのでDr.レベルのことは理解できませんが、それでも情報収集をすることでDr.の考えの基軸を理解できるようにしたいと思っています。

日本言語聴覚士協会や宮崎県言語聴覚士会では、まだまだ上記のような活動は活発にできておりません。
これからの「課題」と捉えたいと思います。

COPD

新年、あけましておめでとうございます。
月並みな挨拶ではありますが、今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに、この「月並み」という表現、もともとは「毎月の」とか「月恒例の」という意味だったそうです。
それが転じて「ありふれた」という意味になったそうですね。

ふと気になって調べてみました。あどみんです。

さて、実は妻がCOPDになりました。
COPD=慢性閉塞性肺疾患です。
実際には、「なりました」といいますか、主治医の先生の説明では、小さい頃からの喘息が背景にあって、徐々に進行した様子です。

肺機能検査を受けましたところ、肺年齢「78歳」との判定でした。
もちろん、実年齢はそれよりも40歳近く若いのですが……。

新型コロナウイルスの事もあり、非常に不安な日々を送っております。

自分の妻のためにも、自分が出来ること(感染対策、体調管理、行動範囲に気をつけるなど)をしっかり取り組みたいと思います。

第2世第の認知神経心理学

12月に入って、小林市は寒い日と暖かい日となかなか気温が安定しません。
血圧変動が大きいと思いますので、皆さんヒートショックに気をつけてください。あどみんです。

今月は、只今あどみんが読んでいる本を紹介したいと思います。
こちらの2冊です。

身体性システムとリハビリテーションの科学1 運動制御

新品価格
¥3,520から
(2020/11/13 06:21時点)

身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知

新品価格
¥3,520から
(2020/11/13 06:22時点)

「言語聴覚士が何で?」とも言われそうですが、第3世代の認知科学へと理解を進めたいと思っているからです。

言語聴覚士は、「言語」を取り扱います。言語は、「記号」の一部分と言えます。
認知科学の第1世代として、1970年代〜記号操作について中心に取り上げられ、その後第2世代として「身体性」、第3世代として「プロジェクションサイエンス」という研究が展開され始めているそうです。

頭の中で「コトバ」を使うことは記号操作が中心になるのかな、と思っています。
そして、記号操作したコトバを実際に「発語」したり、理解から行動に移して「反応」したりすることは、「身体性」の影響を受けます。
この「身体性」の影響を鑑別しなければ、なるべく正確に記号操作の状態を知ることは難しいと思います。
さらに、「プロジェクションサイエンス」から、心と身体・外界とのつながりを整理できるようになれば、感じ方の特徴を理解できる可能性が高くなります。

要件を伝達するだけのコトバではなくて、人間らしくわかり合う・共感できるコミュニケーションへの介入方略に、さらに強い根拠を持ちたいです。

 

新入職員とのミニミニ勉強会

朝晩、だいぶ冷え込むようになりましたね。明け方に寒さで目が覚めることがあります。あどみんです。

先日、4月より入職したリハビリスタッフのミニミニ勉強会にお邪魔しました。

先輩PTからの熱いレクチャーに、熱い心で耳を傾ける後輩PT・OTの3人です。
この日は、「片麻痺患者のトイレ動作について」がテーマだったようです。

あどみんは、STですので、トイレ動作に関しては、「流す」ボタンの理解やナースコールの操作、介助者との意思疎通などを考えることが多いです。
PT・OTの勉強会では、車椅子に乗った状態でドアを開けること、ドアからどのように移乗しやすい位置へ近づくか、便座との距離感など、「動作・行為そのもの」についての考察が中心でした。

以前読んだ「PT・OT・STのための脳損傷の回復期リハビリテーション」という本からは、STの役割は「認知機能からADLを語れること」にポイントがあると思っています。
そして、認知神経リハビリテーションの観点からは、運動・動作・行為に関与する認知機能の分類として、「知覚・注意・記憶・判断・言語」が双方向性に影響し合うと言われています。

PT・OT・STのための脳損傷の回復期リハビリテーション運動・認知・行動からのアプローチ

 

リハビリテーション・ルネサンス心と脳と身体の回復、認知運動療法の挑戦

STのあどみんとしては、特に言語・判断・記憶・注意からの影響を考えながらトイレ動作に関わりたいと思っています。

運動・動作や作業・活動の専門家であるPT・OTの考えと、その練習に参加する患者様の橋渡しになれるように頑張ります。

 

献血車がやって来るヤァヤァヤァ!

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。
にわか雨が降ると、ちょっと嬉しい、あどみんです。

あどみんは、献血をすることをライフワークの一つとしております。
双子が生まれてからは、忙しかったり、運動不足もあって、あまり貢献できておりませんでした。

ここしばらく、週に1回程度はランニングに出られるようにもなり、休日1時間程度家を空けていても、なんとかなるようになってきました。

令和2年となってから、新型コロナウイルスの感染拡大や7月豪雨災害など、さまざまな事情から、宮崎県においては献血供給量の減少が問題となっている様子です。

あどみん、O型でございます。

ただ、宮崎県内では常設の献血場所が、宮崎市内の献血ルーム・カリーノしかないようです。
他は、献血バスが来るのを待つしかありません。

小林市には、8月15日にサンキュー小林店に献血バスが来ます。
もちろん新型コロナウイルスへの感染防止策も、施されている様子です。

排泄ケアについて思う

小林市では、小学校の分散登校も終わり、通常登校・授業が開始されました。それでも、マスクの着用の徹底、授業活動内での三密の回避など、これまでとは違う学校生活が続いているようです。

子どもたちから「今日ね今日ねあのねー」と話し掛けられて、日常のありがたみを噛み締めています。あどみんです。

先日、改めてFIMの排泄コントロールについて学び直しました。

FIMの排泄コントロールでは、排尿・排便のタイミング調整が、どの程度自立しているのかが重要であるようです。トイレ動作の自立度は、別項目で評価することになっています。

言語聴覚士としては、尿意便意の訴えや、服薬に関係して日付や時間の認知などに関わると考えています。

コミュニケーション障害が重度であると、明確な意思・意図表現が難しくなります。毎日の生活パターンや最近の出来事、日頃の様子などを観察しておかないと、なかなか「ピン」と来ません。

食べることにも関わる言語聴覚士ですが、食べたものが排泄されるところまで、一本化して考えられると、対象者の方の生活が想像しやすくなるのではないかと思います。

コミュニケーションの範囲拡大を促す時に、「環境への興味」は、非常に重要だと思います。コミュニケーションは、基本的に「反応したい」と思う気持ちがないと、どうしようもできません。

人が生まれて初期のコミュニケーションの表現は、「不快刺激」に対するものが多いです。それだけ、コミュニケーション行動の原動力としては強いものが生まれます。

「快刺激」を求めてコミュニケーションの表現を行うのは、笑う表情変化が出始めてから増えていきます。

排泄場面も「不快刺激」の1つと考えると、摂食だけではなく、コミュニケーションの一部としても、また違った意義が見出せるのだな、と1人納得しました。

小林市の小学校も休校

巷では、新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。休校で子供たちが退屈しております。あどみんです。

小林市でも小学校の休校で、子供たちは毎日家にいます。妻が毎日家にいるおかげで、あどみんは特別な工夫は必要なく、仕事に出ることができています。

とは言え、ずっと家にいなければならない妻や子供たちは、ストレスが溜まりやすいのかも知れません。

あどみんが休みの日は、家の前だけですが、自転車を漕いだり、縄跳びをしたり、ボール遊びをしたりと体を動かしています。

新型コロナウイルスが流行する前は、休みの日は会議や研修会などで出かけることが多く、今よりも子供たちと一緒に遊ぶことが、少なかったように思います。

家族と向き合える時間を大切に、stay home, stay positive.でありたいと思います。