MRI装置の安全性について

4月19日にGEヘルスケアジャパン(株)様より、講師をお招きして、「MRI装置の安全性について」院内研修が開かれました。

当院のMRI装置は1.5Tのものを使用しておりますが、このMRI装置の周囲には、絶えず磁場が発生しています。

ですので、検査に来られた患者様には、診療放射線技師より、磁性体の管理についてご案内させて頂いております。

IMG_4301.JPG

吸着事故を未然に防ぐためにも、我々病院スタッフには正確な知識と対応を求められます。

イメージ.jpeg

 

常会の区長・組長総会に参加させていただきました。

4月になり、小林でも桜が咲き始めていますね。

花見で外に長時間いるとじんま疹が出ます。あどみんです。

さて、昨日は、常会の区長・組長総会に参加させていただきました。

あどみんは、前海蔵1に住んでおりますが、今年度、常会の組長をさせていただきます。

うちの組は、組長を持ち回りで行なっておりますので、1年間だけ担う予定です。

総会に参加させていただいて感じたのは、みなさん親切で、「生まれも育ちも小林」という方が多く、自分の地域を好きでいらっしゃるなーと思いました。

あどみんは、両親が転勤族でしたので、根無し草です。

子供の頃の話で、「なつかしーねー」と話せる知り合いは、何人いるかなーという具合です。

こういった地域の集まりは、地域包括ケアシステムで捉えると「互助」になりますね。

自助・互助・共助・公助を駆使して、住み良い社会を築く地域包括ケアシステムは、医療・介護従事者であれば、2025年までに達成しなければならないトピックスです。

ただ、小林市においては、もしかすると2025年では、遅すぎるのかもしれません。