院内研修が開催されました。

「厳しい」と表現できる冬から、少しずつ春の気配が感じられるようになってきましたね。

小林の冬は、宮崎でも雪が降る。あどみんです。

平成29年2月15日に、感染対策・医療安全に関する院内研修が開催されました。

今回は、大正富山医薬品株式会社様より、講師の方をお招きしての研修でした。

今回の研修では、スタンダードプリコーションと患者取り違え事例対策についての学習でした。

取り違え事例の対策では、医療者側からの名前確認だけではなく、あえて患者様にも名乗っていただく事で、ダブルチェックできるとのことでした。

患者様からすれば、「なぜ何度も」と思われるかもしれませんが、医療提供の誤り防止のため、ご協力をお願いいたします。