小林市の小学校も休校

巷では、新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。休校で子供たちが退屈しております。あどみんです。

小林市でも小学校の休校で、子供たちは毎日家にいます。妻が毎日家にいるおかげで、あどみんは特別な工夫は必要なく、仕事に出ることができています。

とは言え、ずっと家にいなければならない妻や子供たちは、ストレスが溜まりやすいのかも知れません。

あどみんが休みの日は、家の前だけですが、自転車を漕いだり、縄跳びをしたり、ボール遊びをしたりと体を動かしています。

新型コロナウイルスが流行する前は、休みの日は会議や研修会などで出かけることが多く、今よりも子供たちと一緒に遊ぶことが、少なかったように思います。

家族と向き合える時間を大切に、stay home, stay positive.でありたいと思います。

魔女の一撃を食らいました。

こんにちは。市井は新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。
一日も早い終息を願ってやみません。あどみんです。

さて、実はあどみん先日、10年ぶりのぎっくり腰をやってしまいました。

欧米では、その急激な痛みから「魔女の一撃」と呼ばれているそうです。

10年前も今回も、目が覚めて起き上がった瞬間に、「あっ!」となりました。
ただいま、双子と一緒に寝ておりますので、左に長男、右に四女に挟まれて寝ています。
寝返りもままならない状況であることも問題だったのでしょうが、それ以外にも思い当たる節がありました。

妻が指を切り、5針縫いました。
→しばらく家事と双子の赤ちゃんはあどみん担当。
→赤ちゃんを抱っこしながら家事したりが常態化。
→ランニングも封印。
→体幹機能低下。
→魔女の一撃<今ここ。

とりあえず、痛み止めを飲みながら、日常生活を送っております。

急性腰痛症(ぎっくり腰)に対しての文献をいくつか読みましたが、基本的には痛みとのバランスを取りながらでも、日常生活活動を送った方が、回復が良好であるようです。

早く運動したいです。