座位フィッティングの勉強会

今日は娘の参観日です。小学1年生になった娘が、どんな顔をして「授業」を聞いているのか、見に行くのが楽しみです。

さて、昨日は当院のリハビリテーション科で、座位フィッティングについての勉強会がありました。

シーティングとフィッティングの違い、評価やそのための視点などを説明してもらいました。

あどみんは言語聴覚士で、特にセラピーのツールとしてクッションや車いすなどを使うことに長けているとは、なかなか言えません。

勉強不足と言われればそれまでなのですが、今回基本的な部分から、実技を交えて経験させて頂きました。

明日は、あどみんが遷延性意識障害者・家族の会 九州「つくし」発足記念講演へ参加した内容で、伝達講習をします。