院内勉強会 医療安全対策

平成26年8月20日に、医療安全対策について院内勉強会が開催されました。

今回は、フクダ電子西部南販売 宮崎営業所の小川和彦さんを講師にお招きしました。

 

医療現場では、様々なハードウェアが活躍していますが、それらを適正に、効果的に、安全に使用するためには、どのような点に気をつけるべきなのかを教えていただきました。

また、最近急速に広まっているAED(自動体外式除細動器)の説明、演習も行われました。

非常時に活躍が期待できる機器ではありますが、練習がいつでもできる類の装置ではありません。

成人だけではなく、小児に対して使用する場合や、対象者が貴金属を身に着けていたり、濡れている場合など、様々な使用状況での対応を教えていただきました。

個人的に衝撃だったのは、「胸毛が濃い場合の対処」です。

なんと、「粘着パッドを一度貼り付け、勢い良く剥ぎ取ることで脱毛する」という荒業でした。

確かに、非常時ですから少々荒っぽいこともあるかもしれません。しかし、「勢い良く剥ぎ取る」。

する方も、される方も勇気が必要ですね。

ちなみに、あどみんは生えてません。みなさん、あどみんにAEDを使う際は、PADを貼るだけで結構ですよ。

勉強会後も細かい点で質疑応答が続くなど、みなさん興味深い勉強会となったようです。

さて、最後に勉強会でも流されたAEDについてのyoutubeムービーを紹介して終わります。

あなたにしか救えない大切な命~君の瞳とともに