高次脳機能障がい者の自動車運転再開について研修会

今朝、たたんであった靴下から、ムカデが出てきてビックリしました。あどみんです。

ソッコー正拳突きで粉砕です。南無三。。。

さて、先日、11/11に「高次脳機能障害者の自動車運転再開とリハビリテーション」というテーマで、研修会に参加してきました。

産業医科大学リハビリテーション医学の蜂須賀先生のご講演でした。

あどみんは、言語聴覚士なのでこのテーマの中核となる作業療法士ではありませんが、個人的にはとても興味惹かれる内容です。

高次脳機能障害の認識が広まると共に、世論的にも関心は高まっているテーマであるようです。

今年の10月には、このテーマに限定した研究会が開かれるなど、活発化してきています。

 

さて、研修会の中で、ハンドル・コントローラーを使った、簡易自動車運転シミュレーションが紹介されていました。

主には、分配性注意を意識したソフトウェアでした。

あどみん、元ゲームクリエイターです。PCとかPS2のゲームを作ってました。

久々に創りたい欲求がムラムラ来ております。

諸先生方が研究されている内容と、結果が全く相関するソフトウェアは難しいと思いますが、同じようなインターフェイスで動作する訓練用ソフトなら作れそうだと思いました。

とりあえずは、極力早めに臨床導入することを考えると、Cとかの低水準言語でやっても面倒なことが多いだけなので、高水準言語のExcel VBAとかで作ってみます。

作成者: あどみん

宮崎県小林市にある池田病院で働く言語聴覚士。 既婚で5児の父です;D うち二人は双子です。 育休から復帰して、臨床に勤しんでおります。 ゲームクリエイターだった頃のスキルを活かして、今は池田病院ホームページの管理もしてます。 平成24年度から、宮崎県言語聴覚士会の広報局理事もしてます。 そして、小林市子ども・子育て会議の委員としても、会議に参加させていただいています。 田舎な宮崎の更に田舎の小林市で、充実した教育・医療・福祉が受けられるように、自分なりの貢献の仕方はないか日々模索中。 嫌いな言葉は「画餅」です。