糖尿病の検査値表記が変わりますね。

最近は、小林らしいというか、寒くなってきましたね。
出勤時、外気温がマイナスになることも出てきました。

坊主頭を保護するために、ニット帽をかぶりました。あどみんです。

久々に雪も降りましたが、あどみんの中では雪=Sugarと決まっています。
決して、Saltではありません。

糖、ということで、糖尿病の話です。

これまで糖尿病の診断に利用されてきた”HbA1c”ですが、2012/4/1より検査値表記に改訂が入るらしいです。
ソースは、こちらです。

同じ検査項目ですが、実際の値が約0.4%違います。

JDS値とくらべると、NGSP値のほうが高い値です。
臨床の場でも、糖尿病に罹患されている場合、食べる機能と実際の栄養状態とのバランスに気を付けなければいけません。
混乱しないように情報収集したいですね。

ほたるネット 研修会

皆さん、こんにちは。
ここ2〜3日、小林は天気があまり優れませんね。
目が痛くならないので、すこぶる快調です。あどみんです。

さて、過日1月17日の18:30より、ほたるネット様が主催される研修会へ、参加してきました。
今回は、当院の言語聴覚士 西原千帆が講演を行いました。
「食事と吸引」と題して、緊張しながら話していました。

あどみんは、パソコン操作で補佐役としてくっついて行っただけです。
お気楽なもので、緊張する後輩を見て「ニヤリ」としてました。
すみません。面倒見の悪い先輩で。。。

開始前に入念に原稿を読み返す西原が左スミにちっちゃく写ってます。

さて、西原の講演の内容をレビューしても手前味噌ですし、あどみん的に興味があった吸引に関しての研修をレビューします。

平成24年4月より、介護職員等による喀痰吸引等についての制度が実施されます。
厚生労働省より、文書が開示されていますが、それに関連しての研修でした。

講師は、訪問看護ステーションひかりの黒木氏でした。
実際に使われている家庭用の吸引器を使用しての実技指導もありました。

当院の職員も何名か参加しました。
初めて吸引する方もいらっしゃったようで、おっかなびっくり「ちゅるちゅる」していました。
参加人数が多いのでグループ分けして効率良く。
興味があった低圧持続吸引を実体験。

あどみんの基本方針として、「安全だったら経験できることは、何でも経験しちゃえ」と思ってます。
前々から興味のあった低圧持続吸引があったので、経験してみました。
当日、いきなり「これ実際に試してもいいですか?」などとワガママを言いました。スミマセン。
快く許可していただき感謝します。
口の中にチューブが入っている異物感はありますが、意外と喋りながらでも唾液を吸ってくれました。
かなり頑張って唾液を出した上、わざと飲み込みを出さなかったのですが、むせることもありませんでした。
気管切開をされていて、唾液量が多いせいでむせやすい患者様には、適しているかもしれないなーと感じました。
カフ上の側ルートにも接続できるので、便利そうです。
ほたるネット様は、2ヶ月に1回ペースの定期研修を実施されています。
興味がある方は、こちらのウェブサイトを閲覧ください。

高原町の駅伝に参加してきました。

皆さん、こんばんは。
筋肉痛になっている後輩を見て、ニヤリとしました。あどみんです。

タイトルの通り、昨日は高原町の選挙啓発イベントに参加してきました。

去年は、第4中継所で惜しくも繰り上げスタートとなってしまいましたが、今年は最後までタスキをつなぐことができました。

あどみんは、基本走る時、独りです。

みんなでワイワイ集まって走る、とか少し苦手です。
協調性のないヒトじゃないですよ?
ペースを守りきれないのです。

大会で走ると、速い人のペースにのまれ後半きつく、練習では練習相手のペースにのまれ不完全燃焼。
まったく、自分と向き合うことの苦手なあどみんです。

本当は、レースの様子を激写しておきたかったのですが、妻を連れて行ってなかったので、写真を残すことができませんでした。

開会式前
空いた時間はみんなで楽しく
みやざき犬の「ひぃ」くんも来てくれました

あどみんは一軍でしたが、二軍の方々も頑張ってました。
歩かず走っていました。

後ろにパトカーが迫っていたそうですが。

そもそもこの大会、繰り上げスタートが2カ所設定されているのですが、最初の繰り上げスタートの条件は、「トップから5分経過」というムチャぶり。

トップが速ければ速いほど、条件が厳しくなるチキチキレースです。

そんな大会に毎年出走している池田病院陸上部。

どうやら本年中、ユニフォームができるらしい・・・・・・。

新年最初の勉強会 半固形栄養剤

あけまして、おめでとうございます。
昨年は、皆様に大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、喪中だったので年賀はがきは出さず、寒中見舞いをしようと考えています。あどみんです。

さて、1/8に宮崎市のJA-AZMホールで、「液体栄養剤症候群と半固形栄養剤」に関する勉強会があったので参加してきました。
講師は、香川大学附属病院 総合診療部腫瘍センター センター長の合田文則先生です。

本当は写真も載せたかったのですが、あどみん実は寝坊しまして、携帯もデジカメも忘れてしまったのです。
今回は文章だけで許してください。ごめんなさい。

今回講演された合田先生は、10年ほど前から胃の生理学的機能に則った、経管栄養法に対する最適な栄養剤の物性について研究され、その結果として「半固形栄養剤」「半固形短時間注入法」を提唱されています。

あどみんは言語聴覚士(食べるリハビリもします)なのですが、お恥ずかしながら「液体栄養剤症候群」というものを初めて知りました。
これまで自分の知識の範疇では、液体栄養剤(いわゆる経管栄養法に使われる栄養剤)や上部消化管への経管留置によるトラブルとして、体系化されていない知識でした。

しかし、合田先生の提唱する「液体栄養剤症候群」には、それが発現機序から体系化されていました。

定義

  • 胃瘻(PEG)からの経腸栄養患者において、液体栄養剤の注入に起因するさまざまな合併症や精神的・肉体的苦痛。
  • 生理的な栄養剤である半固形化栄養剤では合併せず、非生理的な液体栄養剤の注入により生じる医原性の症候群。

一次性液体栄養剤症候群
液体栄養剤に粘性がなく、流動性が高いことにより、生理的な胃内での貯留、排出運動や消化吸収が阻害されることにより生じるさまざまな症状。

  • 瘻孔周囲への漏れなどの皮膚症状
  • 胃食道逆流に伴う誤嚥性肺炎などの呼吸器症状
  • 下痢などの消化管症状
  • 耐糖能異常(経腸栄養時の過血糖)などの分泌異常

続発性液体栄養剤症候群
液体栄養剤の合併症対策として、できるだけ緩徐に30度の仰臥位で栄養剤を注入することにより生じる精神的・身体的苦痛などの症状

  • 廃用性萎縮、褥瘡
  • ADL、QOLの低下
  • 精神的、霊的な苦痛など

液体栄養剤症候群の発現機序の要は、胃の生理的機能が上手に使えないことだそうです。
もちろん、液体栄養剤を使用するすべての方にこの問題が起こる訳ではありませんが、栄養剤の選択によっては症状が軽快することもある、ということですね。

いくつか半固形栄養剤と半固形短時間注入法に関して、合田先生の文献が紹介されていました。

とりあえず、あどみんは一番上の本は、注文しておきました。